アトピーの薬は市販でも販売しています。

根本的な改善は難しいですが、痒みがひどい時に一時的に使うのはおすすめ!!

そんなアトピーに効く市販薬を紹介します( ´ ▽ ` )ノ!!

アトピーにおすすめの市販薬

13fb3648b7bbf8e9e3d0b290beaf3af0_s

アトピー性皮膚炎の症状を抑えるには薬の使用が一番です。

忙しくてなかなか病院に行く時間がないという場合は、手軽に手に入る市販薬を使いたいところですね。

私も風邪をひいたのになかなか子連れで病院へ行けず、副鼻腔炎を起こしたことがあります。

 

しかし。。。

市販薬は種類も豊富で、誰でも買えることから、どれが安心して使用できるかちょっと疑問ですよね??

 

市販薬は使ってもいいの??

アトピーの薬といえば、塗り薬を想像する方が多いと思います。

市販薬を使用する上で最も心配なのは「ステロイド」を含むかどうかですよね。

アトピーに使われるステロイドは症状の程度に合わせて5段階にランク分けされています。

その中で上から2番目までは病院で処方してもらう必要があり、3番目からは薬局で買うことができます。

 

市販のステロイドについて

市販のステロイドに使われている「アンテドラッグ」という仕組みは、

ステロイドの副作用特殊な方法で抑えてくれます。

この方法で作られた薬は、肌に塗った成分が体内に吸収されると、

薬としての効果がなくなるように設計されています。

 

このようにして、医師の指導がなくても安心して使えるように市販のステロイドは工夫されています。

痒みなどが酷い場合は搔きむしるよりも、市販薬で一時的な対処をするのがおすすめです。

 

楽天市場で購入できる!アトピーの市販薬とは??

早朝から夜遅くまで働いている方、子育て中のママさんなどは薬局に行くのも難しいですよね。

私の息子は癇癪持ちなので薬局に入るのも大変でした。。。

 

実際に商品をじっくり見る時間もなく、よくネットショッピングするのですが、

私は楽天市場が便利でよく利用します♪(´ε` )

生活用品だけでなく、アトピーの薬までネットで買えるんですよ!!

便利な世の中ですよね。。。!!

 

そこで、楽天で実際に買うことができるアトピーの市販薬をご紹介します。

 

ステロイド系(痒みを一刻も早く止めたい時)

《オイラックスPZ軟膏(アンテドラッグ)》

 

痒みによく効く薬です。

刺激が少なく、幹部を保護する油性基剤なので、湿潤・カサカサの両方のタイプに使えます。

成分のプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(ステロイド)が炎症を抑えます。

 

非ステロイド系

《紫雲膏》

 

生薬成分の「紫根」は皮下の毒素を解毒、またはそれを体表に排泄する作用があります。

「当帰」は血流を改善し痛みを鎮め、皮下の気の巡りを改善することで肉芽形成を促します。

ステロイドの使いすぎで皮膚が薄くなっている部分の皮膚の再生を早めてくれます。

 

皮膚の消炎作用と肉芽の形成を促す能力に優れており、肌を潤す力も強いので、カサカサしたアトピーに効果的です。

なんとこれと同じような薬が手作りできるとか。。。?!

自分で作った薬ならなおさら安心ですね。

 

『紫雲膏』の作り方動画です、参考に。。。♪

 

まとめ

どうしても『市販薬』というと嫌煙されがちですが、症状がひどい時は、塗らないよりマシです!!

搔きむしると肌も傷つけ、さらに症状は悪化する一方です。

市販の薬も値段は高くないので、緊急時に備えて準備しておくのはおすすめですよ( ´ ▽ ` )