この季節、アトピーの方が気になるのが【プールの塩素】!!

塩素が強いプールに入ると、アトピーが悪化してしまう。。。なんて方が多いはず。

子どもがアトピーなら、なおさら心配ですよね。

そんなプールの塩素でアトピーを悪化させないための方法を紹介します。

プールでアトピーは悪化する?!

プール

夏はプールの季節!!大人も子供もプールでの水遊びは大好き!!

夏になると幼稚園や小学校で毎日プールに入るというお子さんも多いのではないでしょうか??

子どもは楽しそうでも、親は「プールに入るとアトピーが悪化しないか心配。。。」ですよね。

 

アトピー悪化の原因

プールによってアトピーが悪化する原因は主に2つあります。

①雑菌

②プールの中に入れられる塩素剤

今回は、この「塩素」とアトピーの関係性について紹介していきたいと思います。

 

プールの中には塩素が含まれています。

アトピー肌の方は、塩素の刺激で痒みが強くなったり、湿疹がひどくなったりする可能性があります。

 

塩素がアトピーを悪化させる!!

プール塩素

そもそも、塩素は肌にどんな影響を与えるのでしょうか??

泳いだ後に顔がヒリヒリ、肌がカサカサしてしまう人いらっしゃいませんか??

塩素はタンパク質を破壊してしまう働きがあるのです。

人の肌もタンパク質です。そのため肌を溶かしてしまい、肌荒れの原因になってしまうのです。

 

塩素の悪影響とは??

塩素は。。。

①肌のバリア機能低下

②肌を乾燥させる

原因になります。

 

肌をバリアする皮脂を過剰に落とすことは、肌の乾燥にも繫がります。

ご存知の通り、乾燥はアトピー肌の大敵ですよね!!

乾燥した肌は外部の刺激に弱くなり、プールの塩素によって、ますます炎症を悪化させてしまいます。

 

対策&悪化させない方法

保湿クリーム

塩素が使われていないプールに入ることが一番ですが、感染防止という衛生上、プールに塩素は必要不可欠なモノです

ワセリンなどをプールの前に塗り、肌を保護してからのぞむ方法もあります。

しかし、プールの水質保持のため肌に何かを塗って入ることを禁止しているプールがほとんどではないかと思います。

となれば、使用後のケアが肝心です。

 

①塩素を素早く流す

最も大切なことは、なるべく早く塩素の残留を取り除くことです。

プールからあがった後に水道水(シャワー)で念入りに洗い流すことがとても重要です。

また、プールに入った日は早めにお風呂に入り、塩素を落とすようにするとより安心です。

 

②保湿をしっかりする

その後の保湿も忘れないようにしてくださいね。

ワセリンやボディクリームなど、肌に刺激の少ないものを選んで、しっかり保湿を行いましょう。

 

こちらの動画も参考にしてみて下さい♪